FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫について言いたいこと

どうも~、ろーごです。
今回も画像はナシです。


さて、本題。
今、家では家族で猫を2匹飼育しております。
名前はチッチとサリーです。
初めて我が家に来た時は生後2ヶ月くらいでした。
だから子猫です!

最初の頃はとても可愛かったですが、今は思春期真っ盛りのような感じでございます。



チッチに関しては最初に来た頃は目が結膜炎になっており、目ヤニもそれなりにありました。
その時は母親が目ヤニをティッシュで拭き取ったりしていました。

サリーに関してはどこも異常はなく元気な子猫でしたね。

来た当初はいろいろとヤンチャでしたね!
まあ、今でもヤンチャですが(汗)

夜に階段で寝たりとか、襖を引っ掻いたりとか。。。
その頃はいろいろと大変でした(汗)

夏頃には当初から猫についていたノミが家中に散らばって両足が刺されまくるという事態もありましたね。
これが今でも一番苦労した記憶がありましたね。

猫についているノミの種類はネコノミといいまして、犬にも付くらしいです。
ヒトノミ、イヌノミといますが、現代ではこのネコノミが猛威を振るっています。
このノミ対策としてノミとりブラシでノミを取ったりとか、ノミとりホイホイでノミを捕獲したりとか様々な対策を講じてきました。
でも、一番効果あったのがフロントラインプラスです。
この薬を猫の身体に添加したおかげで猫からノミが消えていきました。
でも、まだまだ家中にはノミが住み着いておりました。
これらはノミとりほいほいで捕獲したりなど夏の間はノミ退治に追われていました。
でも、なんとかは夏の終わりにはノミはいなくなりました。

今年の夏も何故か怖いぜ・・・・・(大汗)



その後、猫も大きくなりチッチの結膜炎もだんだんと治っていきました。

他には猫たちが庭や玄関の外に脱走したりとか、サンマを強奪されかけたこともありましたね(汗)


2匹の猫たちが成長してくると今度は襖を引っ掻いたり、高いところに登ったりとか障子の紙を破ったりするようなことをおきました。
障子の紙に対しては穴を空けられたところに牛乳のパックを切ってそれを使い穴埋めをしたりしましたが、猫が障子の紙の穴あけを繰り返してくるので穴埋めなどのイタチごっこに追われていました。


今は2匹の猫も大人に近づいてきており姿もりりしくなってきました。
今後の成長もまた楽しみです。





ところで家族で猫を飼育しての感想ですが、興味本位や好奇心のみで飼育しようとするのならばおススメしません。
なぜなら、排泄物の掃除もありますし、襖や障子といった家具に傷つけることも多いです。
あと、哺乳類ですから毎日のエサやりとかもありますし、旅行に行くとしたらペットホテルとかに預けないといけないからです。

その他にも病気、寄生虫、歯の健康とかさらに猫が食べてはいけないものもあります。
それは玉ねぎです!
これを摂取すると少量でも中毒にいたることがあり最悪命の問題になることもあるからです。
犬も大変だと思うんですけれど猫も大変なんですよ!!!

病気とかにかかると薬代や治療代、更に入院費もかかります。
経済力がある方でないと難しいですね。
うちの場合は一応ギリギリです(汗)
ペットの保険とかありますのでそれに入っておくといいですね。

他は散歩とか、猫を外に行かせて自分で散歩させたりとかありますけど家では一切しておりません。
なぜならノミや病原菌の危険があったりとか、車にひかれたりとか、他の猫に交尾されるとか他人に家に迷惑をかける可能性があるからです。
とくに車にひかれることや交尾されるとこっちが困ります。
猫にも自由をさせるのではなくある程度、人間のルールにも従ってほしいものですね。


あとは歯の健康についてですね。
家では今のところは大丈夫ですけれど歯垢がたまり歯に歯石ができてしまうと何でも危ないとか。。。
歯の健康についてヤバくなると最悪食事すらまともにとれなくなるかもしれません。
まあ、今のところはね・・・・・(汗)


猫のエサについては市販されているキャットフードで大丈夫です。
ドライフードを主食にして、たまにウェットフードを与えるという感じでしょうか。

犬は散歩とか必要ですが、猫は勝手に一匹で外へ出かけていきますからね。
でも、なるべくは家の中での範囲で飼育した方が無難だと思います。
その方が問題が起きにくいですからね!

あとは哺乳類ですから、日常の世話とかがあり、何か異常を見つけたら動物病院に連れて行く方がいいです。
魚類、甲殻類、貝類と違って哺乳類、鳥類、爬虫類とかは世話も大変であり長生きで最後まで面倒を見る責任感も重いです。
もちろん、魚類でも長生きで責任感が重いものもいますが・・・・。(汗)




初めて猫を飼ってみたいという方はまずこれらについて考えてからにした方がいいかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


結論!
ペットの飼育は大変です!!!
自分の力量と経済力、家族の理解を得てから飼育することにしましょうね。

それでは、また~


このブログを更新する励みになるのでクリックして頂けますと嬉しいです!
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは~
ペットの飼育は本当に大変ですよね(汗)
うちで言えばインコと亀ですが、二種類ともなんか臭いイメージを持たれている感じがするけど、それは掃除等の管理に問題があるだけで、うち部屋は臭くないですよ(笑)
ショップの管理問題=その生き物のイメージに繋がってる気がします。

ネコはペットOKなところやマイホームじゃないと飼えないのもあって気軽に飼えないところはあるますよね。
飼えてもしっかりとした世話が出来る人じゃないと飼っちゃいけないと思います。
ペットの幸せを考えて末永く付き合っていきたいですよね~

No title

>セージさん

ペットの排泄物の掃除は主に父親がやっておりますね。

インコは分からないですけど水亀は飼育水を汚しやすいのでマメな管理は必要ですね。

あ、そうそう。
地元のとあるホームセンターの中にあるペットショップなんですけど一つの60センチ水槽に亀がいっぱい入ってて、そのせいか飼育水が汚くて亀の体の尻尾とかに異常がでておりここのペットの管理はどうかしてるなと思いました。

猫は基本的にはマイホームで飼育した方がいいですね。その方が広いですし。

そのとおりです。
ペットは基本マメな世話やメンドクサイことでも容易くできる人でないと向いていないと思います。

ペットの幸せは飼い主にかかっていますね。
まさにそのとおり!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ろーご

Author:ろーご
観賞魚飼育歴は途中ブランクはあったもののトータルで13年です!
小型熱帯魚、金魚、ヌマエビなどいろいろな種類の生き物を飼育してきました。
今はメダカを飼育しており、繁殖させその数に悪戦苦闘の毎日(涙)

2016年6月、父親が猫(雑種)を飼い始めました。
たまに自分も猫の世話をしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。